amazonで輸出ビジネス

このサイトを見て、参考にすれば初心者でもスムーズにamazon輸出をスタートすることができます。

ペイオニアを利用すれば法人を設立しなくてもOK

ペイオニアを利用すれば法人を設立しなくてもOK

ペイオニアを利用すれば法人を設立しなくてもOK

button only ペイオニアを利用すれば法人を設立しなくてもOK
article clipper vert ペイオニアを利用すれば法人を設立しなくてもOK

ペイオニア(Payoneer)とは、「アメリカの法人銀行口座を貸してくれる」サービスです。

「どこの誰が運営しているか分からない口座を貸してくれるなんて、怪しすぎる」と思うかもしれませんが、このペイオニアこそ、amazon輸出のハードルを解決してくれる現況では最良の方法なのです。

実際に海外のセラー、つまりアメリカ以外の国からamazonアメリカに出品している人たちの多くが、ペイオニアを利用しています。

ペイオニアにはたくさんの利点があります。

アメリカの法人口座をレンタルで利用できるため、自分でアメリカの法人を作る必要がありません。

しかも、最初の申し込みから銀行口座発行までを全てネット上で行えます。

書類の郵送もいりません。

もちろん、法人を維持するための年間費用も不要です。

ペイオニアに申し込みをすると、1~2週間後にはamazon輸出を始めるのに必要な『Bank Routing Number』や『Account Number』が発行されます。

この間に国際電話で説明を英語でする必要もありません。

ペイオニアの銀行口座に入金されたお金は、ペイオニア登録時に作るデビットカード機能付きのマスターカードで、日本のATM(ゆうちょ、セブン銀行)から、安い手数料で引き出せます。

ユニオンバンクカルフォルニアアカウントを利用 渡米せず法人と銀行口座を作る 渡米して法人と銀行口座を作る ペイオニアで米国法人口座をレンタル
渡米の必要 不要 不要 必要 不要
リスク amazonの売上受け取りに上限あり なし なし なし(検証中)
渡米費用 なし なし 15万円 なし
法人設立費用(初期) なし 20万円 13~15万円 なし
法人設立費用(年間) なし 8万円 5~8万円 なし
米国クレジットカード 作れない 渡米しないと作れない 作れる(年会費2000円) 作れる(年会費2000円。デビットカード機能付き)
利用までの期間 2週間 1ヶ月 1ヶ月 1~2週間
初期費用合計 なし 20万円 30万円程度 26ドル
年間維持費 なし 8万円 5~8万円 2000円
手数料 送金/引落手数料 送金/引落手数料 送金/引落手数料 送金金額の1%
出金方法 ATM/送金 ATM/送金 ATM/送金 ATM(セブン銀行、ゆうちょ)、PayPal、送金等
参考サイト 三菱東京UFJ銀行ユニオンバンク オキエビス・インターナショナル株式会社他 オキエビス・インターナショナル株式会社他 ペイオニア

amazon輸出の参入障壁は、アメリカの法人設立と法人用の銀行口座が必要なことの2つだけで、それ以外にはありません。

ペイオニアを利用すれば、2つの障壁は難なくクリアできます。

日本では導入してから日が浅いことで、検証しなければならないことも出てくるでしょうが、ペイオニアの実績や海外セラーの利用状況を考えれば、日本でも積極的に活用すべきサービスだと考えられます。

ここまでの説明で、登録前の準備がどれほど重要かお分かりいただけましたか?

事前の情報収集を怠ると、かえって時間やお金の手間がかかることにもなるのです。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">