いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

いびき人口は2000万人!?

いびき人口は2000万人!?

いびき人口は2000万人!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

中高年の日本人男性の約6割、約2000万人はいびきをかいているといわれています。

もちろん、健康な人もいびきをかきます。

寝入りばなには誰でも多少のいびきをかきますし、お酒を飲んだ時、鼻が詰まっている時もかきやすいです。

これらのいびきはあまり問題ではありません。

しかし、毎日習慣的にいびきをかいているのは健康的とはいえません。

そもそも睡眠中は体の酸素要求が減り、普通の人でも呼吸が弱くなり、換気量が低下します。

つまり、体に取り込まれる酸素量が少なくなるのです。

いびきをかく人の場合、睡眠中の呼吸に問題があるので、より酸素不足に陥っている可能性があります。

いびきは「元気な証拠」どころか「不健康の証」と言わざるを得ません。

このように、睡眠中に正常な呼吸ができないために、必要な酸素が体内に取り込まれないことによる、様々な悪影響のことを「睡眠呼吸障害」と呼びます。

中でも注目されているのが、「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)です。

睡眠が浅くなるせいで、日中居眠りして事故を起こしたり、突然死したりすることがある恐ろしい病気です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です