いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

その他の検査

その他の検査

その他の検査

このエントリーをはてなブックマークに追加

*セファロメトリー(頭部X線規格写真撮影):

視診だけでは正確には分からない、下あごの形や後退度などを確認します。

*鼻腔通気度検査:

鼻づまり(鼻閉)の程度を調べます。

*上気道内視鏡:

上気道が肥満のために全体的に狭いのか、局所的に狭いのか(扁桃肥大、アデノイドなど)を調べ、耳鼻科的な治療適応があるのかどうかを調べます。

*上気道CT:

上気道の状態や断面積(広さ)、鼻閉の原因の1つである副鼻腔炎(蓄膿症)があるかどうかを検査します。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です