いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

メタボリックシンドロームといびきの悪循環

メタボリックシンドロームといびきの悪循環

メタボリックシンドロームといびきの悪循環

このエントリーをはてなブックマークに追加

内臓脂肪型肥満に加えて、高血圧、高血糖、脂質異常が重なっている状態をメタボリックシンドロームといいます。

血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪などは「少し高め」くらいでは病気として診断されませんが、内臓脂肪型の肥満にこれらが重なった場合、高血圧症糖尿病などを発症する可能性が非常に高くなります。

そこで、またメタボリックシンドロームの状態で食生活や運動不足などを改善して、生活習慣病になるのを防ごうと、健康診断の際に重要なチェックポイントになっているのです。

内臓脂肪には余計なエネルギーを貯めているだけでなく、血圧を上昇させたりインスリンの効き目を悪くする物質を作り出したりする働きがあります。

高血圧症や糖尿病、脂質異常に直接関わっているのです。睡眠時無呼吸症候群の患者さんは肥満の中高年に多いうえ、高血圧症や糖尿病、肥満などを悪化させていますが、この状態はまさにメタボリックシンドロームと重なっています。

睡眠時無呼吸症候群がメタボリックシンドロームの状態に相乗作用を及ぼしていると言っていいでしょう。

生活習慣の誤りから肥満、インスリン抵抗性、血糖上昇、脂質代謝異常、高血圧症、睡眠時無呼吸症候群が加わり、虚血性心疾患や脳血管障害、心不全へと進行していくことをメタボリックドミノとも呼ばれます。

メタボリックシンドロームの診断基準

内臓脂肪蓄積 腹囲 男性≧85cm女性≧90cn
1)脂質代謝異常 中性脂肪HDLコレステロール ≧150mg/dl<40mg/dl
2)高血圧症 血圧 ≧130/85mmHg
3)耐糖能異常 空腹時血糖 ≧110mg/dl
※上段の内臓脂肪蓄積(腹囲の増加)に該当し、さらに1~3のうち、2つ以上に当てはまる場合、メタボリックシンドローム


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です