いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

仮面高血圧と睡眠時無呼吸症候群

仮面高血圧と睡眠時無呼吸症候群

仮面高血圧と睡眠時無呼吸症候群

このエントリーをはてなブックマークに追加

医師や看護師の前に出ると緊張して、普段より血圧が高くなってしまう「白衣高血圧」のように、状況で血圧が変わるものに「仮面高血圧」というものがあります。

血圧が高くなるのは主に夜間や早朝なので、病院などで昼間に血圧測定しても高血圧症とは言われないタイプです。

医療機関での測定では正常範囲なので、未治療のまま生活している人が多いのですが、その中には睡眠時無呼吸症候群の人も多く含まれているようです。

普通の場合、血圧は昼間高く、夜間は下がるものです。

ところが睡眠時無呼吸症候群では睡眠中の無呼吸が原因で夜間も血圧が下がらないのです。

これをノン・ディッパー型(ディッパーはひしゃくの意)といい、逆に昼間より血圧が上がってしまうライザー型もあります。

元々心臓発作などは午前6~12時の時間帯に起こりやすいといわれていました。

起床後、活動し始めると血圧が上がることや、夜間のうちに水分が失われて血液が粘性を持つことなどが原因と考えられています。

ところが、こうした理由では説明できない早朝や深夜の発作があり、深夜から早朝にかけてアクシデントの発生率が上昇します。

その原因として、夜間も血圧が下がらない睡眠時無呼吸症候群が注目されているのです。

いびきが気になる人は、早朝の血圧を家庭用血圧計で測ってみましょう。

これまで高血圧症と診断されたことがない人でも、かくれ高血圧=仮面高血圧の可能性があります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です