いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

子どものいびきは要注意

子どものいびきは要注意

子どものいびきは要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どものいびきは警告音

子どものいびきは、ある意味大人より深刻です。

そもそも健康な子どもはいびきをかかないもの。

ですから、お子さんがいびきをかいていたら「息が苦しい」「酸素が足りない」という警告なのです。

原因

子どものいびきは大抵、扁桃とアデノイドの肥大が原因です。

扁桃もアデノイドもリンパ組織の1つで、体を病原体から守っています。

3~6歳くらいの子どもの場合、これらが大きいのはごく自然なことですが、大きくなりすぎて上気道を塞ぐようになると問題です。

子どもは元々上気道が狭いので呼吸が苦しくなり、睡眠中はいびきや無呼吸がみられるようになります。

また、もう少し年齢が高くなると、アレルギー性鼻炎による鼻づまりや小児肥満が原因に加わるケースもあります。

症状

習慣的にいびきをかいている子どもは、それ以外の症状も出ているはずです。

でも、小さい子どもは自分の不調を上手く訴えることができません。

保護者が気付いてあげないと医師の診断を受けるチャンスがないので、これらの症状を見過ごさないよう気を配ってください。

子どもの睡眠時無呼吸症候群のチェックポイント

いびき 毎日かく、肩で息をしているなどは危険
無呼吸 大人と違い、10秒以内でも無呼吸と考えた方がよい
陥没呼吸 息を吸う時、胸のあたりがへこむ。長期では漏斗胸になることも
鼻づまり・口呼吸 アデノイドが肥大して呼吸できなくなっている
食事が遅い・食が細い 肥大した扁桃が邪魔をして、食物を早く飲み込めない
寝起きが悪い 無呼吸のため、良い睡眠がとれていない
おねしょ 無呼吸によって利尿ホルモンが増えるため

他に、寝相が悪い、寝汗をかく、鼻水、口臭、いつも口を開けている、よだれ、歯並びが悪くなるなどの症状があります。

また、子どもの場合は睡眠時無呼吸症候群でも、大人ほど昼間の居眠りや眠気の訴えがないのも特徴です。

深刻な影響

子どものいびきが怖いのは、成長に悪影響を及ぼすからです。

成長ホルモンの分泌には深い睡眠が欠かせません。

いびきや無呼吸で深い睡眠がとれないと、発育にも影響が出て、重症の場合は身長や体重の伸びも鈍くなってしまいます。

また、睡眠時無呼吸症候群のために慢性的な酸素不足が続くと、脳の活動にも影響が出てきます。

イライラしたり乱暴な行動をとったり、学業や成績にも悪影響があるといわれています。

治療

初めて診察を受ける時は、お子さんが寝ている様子をビデオカメラで撮影したものを持参すると良いでしょう。

パジャマの前を開け、息を吸う時に胸のあたりがへこむかどうかも確認してください。

睡眠時無呼吸症候群の治療は、主に扁桃やアデノイドの切除・摘出、あるいは縮小手術です。

これらはかつて日帰りでも行われていましたが、現在は全身麻酔が一般的です。

1週間程度の入院が必要でしょう。

全身麻酔に加え、扁桃やアデノイドは体を守るリンパ組織でもあり、10歳頃になると自然と小さくなっていくことも多いため、手術をためらう親御さんもいるでしょう。

しかし、子どもの成長に様々な悪影響を及ぼしている場合は、ぜひとも手術を受けてください。

見違えるように健康になった手術後の子どもを見て、「改めて子どものいびきの怖さが分かった」「もっと早く手術をすればよかった」というケースが多いのです。


«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です