いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

居眠りによる事故の増加

居眠りによる事故の増加

居眠りによる事故の増加

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠時無呼吸症候群の患者さんの中には、一度ならず二度三度の交通事故、ないしはニアミスを経験して初めて診察を受ける人もいます。

この場合、特に適切な治療が必要です。

いびき」だけであれば交通事故の発生率はそれほど高くないようですが、睡眠時無呼吸症候群になると交通事故の経験率が跳ね上がったアンケート結果もあります。

これは日本だけの話ではなく、アメリカでは以前から指摘されてきたことです。

睡眠時無呼吸症候群と診断された運転手は交通事故を起こしたことが多く、また重症になるほど交通事故の経験率が高くなります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です