いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

検査

検査

このエントリーをはてなブックマークに追加

診察後、睡眠時無呼吸症候群の疑いのある人には睡眠検査を受けていただくことになります。

スクリーニング(ふるい分け)のための簡易検査を行い、必要ならば確定診断のための精密検査を行うのが一般的です(簡易検査を省いて最初から精密検査を行う場合もある)。

簡易検査

携帯型なので自宅で測定でき、入院の必要がない点がメリットです。

精密検査のポリソムノグラフィーから脳波検査を除いたものと理解してください。

また、治療経過において改善効果を確認するためにも用いられます。

*パルスオキシメータ(酸素飽和濃度測定器):

最も簡単なスクリーン検査で、保険も適用されています。

指先にセンサーをつけて睡眠中の動脈血の酸素レベルを測定します。

これで睡眠中の無呼吸の有無や回数が分かりますが、脳波は測定しませんので、本当に睡眠中なのかは不明となります。

また、無呼吸が閉塞型なのか中枢型なのかの判定はできません。

このほかに、精密検査で用いるポリソムノグラフィー(PSG)の測定項目のいくつかを省略した簡易型PSGなど、医療機関によって色々なタイプの検査があります。

*AHI40以上で要治療:

精密検査のポリソムノグラフィーを受けられる医療機関は限られるうえ、入院が必要なので簡易検査だけで診断をつけることもあります。

簡易検査でAHI指数(無呼吸や低呼吸が1時間に何回あるかを表す)が40以上だと、精密治療を受けるまでもなく要治療とみなされます。

簡易検査でAHI40以上というのは、かなり重症と推定されます。

ただし、センサーの装着不良などもカウントされますので、本当に無呼吸が頻発しているかどうかは必ず分かるわけではありません。

重症の睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は精密検査を受けることをおすすめします。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です