いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

いびき

子どものいびきは要注意

子どものいびきは要注意

子どものいびきは警告音

子どものいびきは、ある意味大人より深刻です。

そもそも健康な子どもはいびきをかかないもの。

ですから、お子さんがいびきをかいていたら「息が苦しい」「酸素が足りない」という警告なのです。

原因

子どものいびきは大抵、扁桃とアデノイドの肥大が原因です。

扁桃もアデノイドもリンパ組織の1つで、体を病原体から守っています。

3~6歳くらいの子どもの場合、これらが大きいのはごく自然なことですが、大きくなりすぎて上気道を塞ぐようになると問題です。

子どもは元々上気道が狭いので呼吸が苦しくなり、睡眠中はいびきや無呼吸がみられるようになります。

また、もう少し年齢が高くなると、アレルギー性鼻炎による鼻づまりや小児肥満が原因に加わるケースもあります。 (さらに…)

いびきは何科を受診すればいい?

いびきは何科を受診すればいい?

いびきは原因や治療法が複数の診療科にまたがることも多いので、「いびき外来」や「睡眠呼吸センター」のような専門外来が近くにない場合は耳鼻咽喉科、または呼吸器内科を受診しましょう。

肥満傾向だという人は呼吸器内科がおすすめです。 (さらに…)

なぜ、寝る時だけいびきをかくのか

なぜ、寝る時だけいびきをかくのか

夜中に大きないびきをかく人でも、昼間はいびきをかくことなく呼吸できるのは、脳の神経の調節によるものです。

では睡眠時はどうなるのかというと、呼吸の主な筋肉である横隔膜の運動をコントロールしている神経細胞(横隔膜運動ニューロン群)は、睡眠状態でも動きが低下しないのに対し、上気道を開く働きをする神経細胞(上気道筋運動ニューロン群)は睡眠状態になると動きが低下してしまうのです。 (さらに…)

いびきを引き起こす体の仕組み

いびきを引き起こす体の仕組み

口や鼻で息をすること

鼻づまりの人は別にして、口で息を吸うより鼻で息を吸う方が楽なはずです。

これは鼻で吸う方が口より気流の抵抗が少ないからです。

しかし、走っている時、最初は鼻呼吸できていても運動量に合わせて酸素をたくさん体内に取り込もうとすると、短時間で強く息を吸い込める口呼吸になります。 (さらに…)

メタボリックシンドロームといびきの悪循環

メタボリックシンドロームといびきの悪循環

内臓脂肪型肥満に加えて、高血圧、高血糖、脂質異常が重なっている状態をメタボリックシンドロームといいます。

血圧、血糖値、コレステロール、中性脂肪などは「少し高め」くらいでは病気として診断されませんが、内臓脂肪型の肥満にこれらが重なった場合、高血圧症糖尿病などを発症する可能性が非常に高くなります。

そこで、またメタボリックシンドロームの状態で食生活や運動不足などを改善して、生活習慣病になるのを防ごうと、健康診断の際に重要なチェックポイントになっているのです。 (さらに…)

危険ないびきに要注意

危険ないびきに要注意

居眠りは注意信号

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんは、眠っている間に何度も無呼吸を繰り返すため、質の良い睡眠が十分取れていません。

そのため、昼間は気力や集中力が続かず、居眠りが多くなります。

決して怠けているわけではないのですが、周りから「たるんでいる」と誤解されることもあります。

本人にも病気という自覚がないので、治療が必要とは思っていないことが多いのです。

ちゃんと寝たはずなのに、午前中から眠い、大事な会議で居眠りをしていた、運転中に睡魔に襲われヒヤッとすることがある――こういったことがある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。 (さらに…)

いびきが病気といわれる怖い理由

いびきが病気といわれる怖い理由

「騒音」から「病気」へ

健康面からいびきの問題が取り上げられるようになったのは、30年くらい前からです。

1976年、アメリカのギルミノー博士が眠っている間の無呼吸と、それに伴う大いびきで睡眠障害をきたしている人に「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)と定義付けました。

単なる「騒音」から、れっきとした(?)「病名」に昇格したのです。

それ以前にも欧米では、「ピックウィック症候群」という病気が知られていました。

ピックウィックとはイギリスの作家ディケンスにちなんでつけられた名前です。

登場人物のジョーがとても太っていて、昼間は居眠りばかりしていることに由来します。

過度の肥満、日中の強い眠気、睡眠中の異常な呼吸、心不全などの症状が特徴で、当初は心臓の病気と考えられていました。

ところが、睡眠中に繰り返される無呼吸によるものということが分かり、睡眠中の呼吸障害と健康の問題との関連がにわかに注目されるようになりました。

その後の研究で、睡眠時無呼吸症候群は患者の平均寿命が短いことや、交通事故、失業、離婚にまで影響を及ぼしていることが分かり、注目を集めるようになったのです。 (さらに…)

睡眠にも「良い眠り」「悪い眠り」がある

睡眠にも「良い眠り」「悪い眠り」がある

いびきが眠りの質を下げている

いびきをかいている時の睡眠は非常に浅いもので、熟睡できていません。

夜眠っているはずなのに、昼間眠くて仕方ない、体がだるい、集中力が続かない、イライラする――身に覚えがある人は、実はいびきが原因かもしれません。 (さらに…)

いびき人口は2000万人!?

いびき人口は2000万人!?

中高年の日本人男性の約6割、約2000万人はいびきをかいているといわれています。

もちろん、健康な人もいびきをかきます。

寝入りばなには誰でも多少のいびきをかきますし、お酒を飲んだ時、鼻が詰まっている時もかきやすいです。

これらのいびきはあまり問題ではありません。 (さらに…)

たかがいびき、されどいびき

たかがいびき、されどいびき

夫や妻のいびきに悩まされている人は少なくないと思われます。

寝る時だけ家庭内別居とか、ひどい場合は、家の外や隣近所まで聞こえるせいで離婚にまで至る話もあるそうです。

家族がいびきをかかなくても、旅行で同室になった人のいびきで眠れなかったという経験や、そういう話を聞いたことのある人も多いでしょう。 (さらに…)