いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

子ども

子どものいびきは要注意

子どものいびきは要注意

子どものいびきは警告音

子どものいびきは、ある意味大人より深刻です。

そもそも健康な子どもはいびきをかかないもの。

ですから、お子さんがいびきをかいていたら「息が苦しい」「酸素が足りない」という警告なのです。

原因

子どものいびきは大抵、扁桃とアデノイドの肥大が原因です。

扁桃もアデノイドもリンパ組織の1つで、体を病原体から守っています。

3~6歳くらいの子どもの場合、これらが大きいのはごく自然なことですが、大きくなりすぎて上気道を塞ぐようになると問題です。

子どもは元々上気道が狭いので呼吸が苦しくなり、睡眠中はいびきや無呼吸がみられるようになります。

また、もう少し年齢が高くなると、アレルギー性鼻炎による鼻づまりや小児肥満が原因に加わるケースもあります。 (さらに…)