いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

治療方法

治療

治療

睡眠時無呼吸症候群の治療方法には、減量療法、内科的な鼻マスク量治療(CPAP治療)、耳鼻科的な処置、歯科口腔外科での口腔内装具(マウスピース)の作成などがあります。

軽症の人は、食事療法・運動療法による減量や飲酒を控えるなどで症状が軽くなったり、いびきをしなくなったりすることもあります。

中等症~重症の人は、CPAP治療が第1選択として挙げられ、原因によっては耳鼻科的処置(鼻閉の治療・上気道狭窄の解除)、マウスピースによる治療になることがあります。 (さらに…)