いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

視診

視診(医師によるチェック)

視診(医師によるチェック)

患者さんから話を聞く以外に、いくつかのチェックポイントがあります。

医師が患者さんを診ながら診察するので視診といいます。

*体型:

身長、体重、首回り、胸囲、腹囲などを初診時に測定します。

BMIも算定して肥満度も確認しておきます。

いびきの診察では、患者さんが太っているか、その太り方が内臓脂肪型か首回りも太いかなどのチェックはとても重要です。

肥満の有無や程度によって、選択すべき治療法も違ってくるからです。 (さらに…)