いびきの治療と原因

もっと早く睡眠時無呼吸症候群を治療しておけば、心筋梗塞・脳梗塞にはならなかった、あるいはなるのをもっと遅らせたでしょう。

CPAP療法

CPAP療法

CPAP療法

高い治療効果

減量療法は誰でもすぐにできる方法ですが、決して簡単ではありません。

体重を減らせる人は限られ、効果が出てくるまで時間もかかります。

そこで、減量と並行して勧められるのが、睡眠時無呼吸症候群に最も有効といわれているCPAP療法です。

CPAP(シーパップ:Continuous Positive Airway Pressure)は正式には「持続性陽圧換気療法」といい、眠る時に鼻マスクをつけ、そこに圧をつけた空気を送り込むことによって上気道の閉塞を防ぎ、睡眠中の気道を確保する治療法です。

医療機器の進歩により、手のひらサイズの大きさになっています。

中等症以上の睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、この療法が第1選択になっています。

治療効果はとても高く、ほとんどの患者さんでいびき・無呼吸が消失します。

睡眠が分断されることがなくなり、睡眠の質が改善されるので、初めてCPAPをつけて寝た翌朝、「こんなに熟睡したのは何年ぶりだろう」と言う患者さんも珍しくありません。

日中の眠気や居眠りもなくなり、高血圧症などの合併症も改善されます。

CPAP治療を続けた人はそうでない人に比べて、心臓病や脳卒中などが減り、寿命が延びるという研究報告もあります。

また、CPAPは中枢型睡眠時無呼吸症候群にも有効です。

特に慢性心不全でチェーンストークス呼吸を伴う中枢型無呼吸がある場合、CPAP治療によって生命予後が改善されるといわれています。

ただし、在宅酸素療法でも改善することがあるので、どのような治療を選択するかは専門医に相談してください。 (さらに…)