海外不動産投資でひともうけ

リスクをなくすことはできませんが、リスクをコントロールすることができます。そして、リスクをコントロールする事ができれば、世界にはたくさんのチャンスがあるのです。

海外投資のプラットホームを手に入れるには
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外投資のプラットホームを手に入れるには

邦銀の外貨預金と同じではないの?

邦銀の外貨預金と同じではないの?

海外口座を開くことは外貨を預けるという点では、日本の銀行に外貨を預けるということと基本的には同じです。

外国口座を開くことは、海外までわざわざ行かなければいけない分費用もかかります。 (さらに…)

手数料はとっても安い

手数料はとっても安い

手数料に関しては、円を米ドルや香港ドルに換える為替手数料は安いのです。

国内で外貨預金を行う場合、円から米ドルに両替するには片道1ドルに1円の手数料となっています。

例えば、1ドル80円であれば100万円を両替すると、1万2500ドル、1円で1万2500円の手数料がかかることになります。 (さらに…)

海外投資プラットホームがもてる

海外投資プラットホームがもてる

二つ目のメリットである「海外投資のプラットホームが手に入る」というのは、邦銀で海外口座を開いたとしても、定期預金くらいにしかならないのに対して、海外の銀行では、証券会社のようにいろいろな金融商品を扱っていることなどがあります。

また、「一つの口座で複数に通貨を維持することができる口座」マルチカレンシー口座を持つことができます。 (さらに…)

大事なお金を守る

大事なお金を守る

さらに、「お金を疎開させられる」という3つ目のメリットが一番重要です。

それは、いずれ日本の国債も「札割れ」する可能性があるからです。

そうなる国債価格下落、金利上昇、円安と流れになりインフレが起こります。

そうなると、預金の現在の価値を失うことになります。

今まで100円で変えていたコーヒーが1年後には20円になる、100円では半分のコーヒーしか買えなくなり、インフレ下では円の価値は下がってしまうことになります。 (さらに…)

なぜ海外不動産なのか

なぜ海外不動産なのか

口座を開設して、外貨建てで定期預金をすることもいいのですが、せっかく上りエスカレーターの通貨を持つのなら、もう少し効率的な運用方法を考えて見た方がいいのではないでしょうか。

海外には、株や債券、投資信託の金融商品や不動産いったように、様々な投資対象が日本と同じようにあります。

利回りのいい金融商品はたくさんあるのですが、そもそもの目的を考えると、円が資産に集中していること自体がリスクなので、そのリスクを軽減することが大切です。 (さらに…)

不動産の基本はどこでも変わらない

不動産の基本はどこでも変わらない

日本不動産の特徴は、現物資産としてインフレヘッジになるということ、ローンによってレバレッジが効くということです。

ということは、少ない自己資金であっても、ローンを使うことで自己資金の何倍もの投資効果を得られるということです。

これは、海外不動産でもかわりません。

日本人が外国で不動産を購入できるのであれば、ほとんどの国でローンを受けることができます。

(さらに…)

海外不動産投資における3つの利益の源泉プラスαは

海外不動産投資における3つの利益の源泉プラスαは

海外不動産投資のメリットは、長期安定運用に向いているということですが、他の金融商品にはない、3つの利益が得られるというメリットがあります。

1つ目の利益源泉は、「キャピタルゲイン」です。

安定した人口増加、経済成長、インフラ整備の条件がそろっている国ならば、中長期的スパンで無理のないキャピタルゲインを生み出すことが期待できます。

さらに、不動産はローンを使うことでレバレッジが効きます。

ということは、自己資金がすくなくても、何倍もの投資効果を得ることができるのです。 (さらに…)

キャピタルゲインとインカムゲインは両方とも取れるか

キャピタルゲインとインカムゲインは両方とも取れるか

日本で不動産投資というと、キャピタルゲインとインカムゲイン、どちらを思いうかべるでしょうか。

日本においては基本的には毎月入ってくる家賃収入を狙うのが一般的です。

さらに、上級者であれば、安く仕入れた物件を、物件価値と収益性をアップさせるリノベーションを施すことでキャピタルゲインを得ることも出来る。

これに対して、新興国の海外不動産は、両方をとることは難しいので、基本的にはキャピタルゲイン狙いとなります。 (さらに…)

海外不動産はどの国をえらべばいいの?

海外不動産はどの国をえらべばいいの?

海外不動産投資を考える時に重視すべきは、どんな国に投資するかということです。

第一に重視すべきは、「人口増加」「経済成長」「インフラ整備が今後も見込まれる」という国が一番ということです。

更に加えて、資源国家で対外貿易黒字であれば尚よく、こういった国の通貨は、いずれ必ず強くなっていくでしょう。

今後、円に対して強くなっていくと考えられる国の通貨を円高の時に投資しておけば、中長期的には為替メリットが得られる可能性が高いのです。

そして第二に重視することは、「治安の良さ」「法整備」「国民性」を見ることです。

いくらいい物件であったとしても、治安が悪ければほしいと思う人はいないでしょう。 (さらに…)

海外投資には英語が話せなくても大丈夫?

海外投資には英語が話せなくても大丈夫?

さて、海外投資をするのであれば、英語が話せなくてもよいのでしょうか。

海外投資をする日本人で、英語を問題なく使える人は少ないのですが、それは大きな問題ではないようです。

というのも、各国に現地不動産の販売代理をしている日系の起業があるからです。 (さらに…)

将来、実需に出口はとれるか

将来、実需に出口はとれるか

日本での不動産投資は、出来るだけ長く収益を生み出してくれる方がいいので、あまり出口については意識する必要はないのですが、海外の場合では、必ず出口を意識しなければいけません。

つまり、その国に住み続けることを前提としないのであれば、いつ投資リターンを確定するのかということです。

その際に気をつけるポイントは二つあります。

ひとつは、生活環境とビジネスへのアクセスともに整っているか、あるいは、数年後には整うかを見ることです。

これらは日本の不動産選びにも同じことで、海外では、価格上昇の必須項目となります。

リスクが多少ありますが、これから商業施設ができたり、地下鉄の駅ができる地域を選ぶ方がいいのです。 (さらに…)

初めての不動産視察旅行にでる

初めての不動産視察旅行にでる

不況のときであっても、ゼロにならない不動産形成をすることは、確実性の高い中において最強の現物資産といえるでしょう。

ある投資メンターの教えによると、各国の動向、投資の考え方、購入手続きの仕方、保有時に管理、ローン、海外口座の開き方、権利の保全、税制、節税、納税方法といった、実際投資する際に、日本の不動産投資とは異なる部分も多いので、ポイントをしっかりと押さえておくことが大切だそうです。 (さらに…)