海外不動産投資でひともうけ

リスクをなくすことはできませんが、リスクをコントロールすることができます。そして、リスクをコントロールする事ができれば、世界にはたくさんのチャンスがあるのです。

海外不動産はどの国のどの市場がいいのか?

「チャイナマネー」と「イギリス」がキーワード

「チャイナマネー」と「イギリス」がキーワード

海外投資というと、新興国ばかりと思われがちですが、ロンドンもチャイナマネーから注目されているということは意外なことです。

しかし、一般的に先進国の不動産は今後あまり上昇しない分、賃貸市場が育っているので賃貸ニーズが見込めるというわけなのです。

つまり、チャイナマネーは、キャピタルゲインだけでなくインカムゲインも狙っているのです。 (さらに…)

日本人にとって最高で最後のタイミング

日本人にとって最高で最後のタイミング

2007年はリーマンショック前で、ロンドン市内の不動産はピークの時でした。

例えば、100万ポンドの物件であったら、2007年7月当時であれば、その物件を買うには日本円ではなんと2億4700万円が必要でした。

しかし現在の為替レートで換算してみると、1億2300万円で購入することができるのです。 (さらに…)

日本人が生き残るには変わることです

日本人が生き残るには変わることです

日本人も、身を粉にして働くだけではなく、お金にも働いてもらうことを考えるというように、発想を180度変えなくてはいけません。

日本人は自分で考えて判断して、長期的な投資をしてリスクを見極めながらリターンの最大化を狙う。

つまり、チャイナナマネーのように、知恵を使って手間をかける必要があります。 (さらに…)

シンガポールに注目する理由

日本人が生き残るには変わることです

シンガポールは、税率が低く秘匿性の保持を標榜しているので、現在ではスイスと並んで富裕層のハブといわれて、世界中から投資マネーが集まっている国となっています。

シンガポールに入ってくるお金が世界中に投資されている、これがまさにお金のハブなのです。

そして何と言っても、これからさらに注目されるチャイナマネーの動きがわかります。

シンガポールがGDPで日本を上回ったということはしられていることですが、もっと驚くことがあります。

それは、今では富裕層の割合がスイスを抜いて世界で最も高いということです。

シンガポール政府はものすごく、その投資レベルの高さは特筆するものがあります。

それは例えば、政府が運営しているファンドです。 (さらに…)

キーワードは「イギリス」

キーワードは「イギリス」

さらにもう一つ大きなキーワードは「イギリス」です。

正確にいうと「旧イギリス植民地」です。もともと中国人は、「旧イギリス植民地」の労働力として使割れることが多く、各国の旧イギリス植民地には、「チャイナタウン」のような社会が数多く存在しています。

前述の7つの条件にも、旧イギリス植民地は、ほとんどがあてはまっています。

そして、その条件に加えて、「経済成長力」「人口増加」「インフラ整備」という「不動産価値上昇3要素」が加わることで、さらに不動産価値の上昇は確実なものになるのです。

経済成長力があることは、所得があがって購買力があがることを意味しています。

ということは、そのことによって不動産の価値も上がりやすいということなのです。 (さらに…)

「チャイナマネー」が狙う物件

「チャイナマネー」が狙う物件

では、海外ネットワークをもったチャイナマネーは、一体どのような国や地域のどういった不動産投資するのでしょうか。それには明確な基準があります。

チャイナマネーが好むエリアの特徴は7つあります。 (さらに…)

中国人のサバイバルレースを生き延びてきたDNA

中国人のサバイバルレースを生き延びてきたDNA

このように、世界の不動産市場において、チャイナマネーの動きはとても重要なのです。

中国人にとって、お金儲けは死活問題なのです、多くの混乱の中をくぐりぬけてきた中国人のDNAには、混乱期を生き抜いてきた知恵が蓄積されています。

中国人は、いつ混乱がおきてもおかしくないと考えているので、自分と家族、子孫たちが生き残る準備が必要といつも考えています。 (さらに…)

「チャイナマネー」は世界中で影響力を強めている

「チャイナマネー」は世界中で影響力を強めている

中国人はなくならない土地を持つことに執着があるのです。

それは、国家弾圧や外国から略奪されたことがない日本人の感覚とは全く違ったものです。

二つ目のチャイナマネーを追う理由は、世界経済において彼らの影響力は今後ますます大きくなっていくと考えられることです。

中国は建国以来、資金不足に悩まされ続けていたので、現在でも個人による国外への資金の持ち出しは、年間で5万米ドルに上限が決められています。 (さらに…)

中国人はチャンスをつかむために大胆になる

中国人はチャンスをつかむために大胆になる

驚くような投資センスをもつ、ある中国人投資家の話です。

年少数億円クラスの飲食チェーンをしていた彼は、親類縁者から大金を集めて新興国でホテルを建設し、そのホテルは国際的なホテルチェーンと契約したので盛況が続きました。

数年後に彼は、そのホテルを売却して数十億円のキャピタルゲインを得たのです。 (さらに…)