企業への公的支援「助成金」 

「社長が知らない」助成金獲得ワザと労使トラブル解決法とは?

助成金は雇用保険の適用事業所の事業主であれば、誰でもが申請する権利があり、要件が整えば基本的に誰でも受給することができます

サイトマップ

ケース例B|雇用調整助成金につて、もっと詳しく聞きたい場合は

ハローワークの窓口で申請書を受理されても、助成金の支給が決定したわけではありません

会社の最寄りにあるハローワークの窓口で助成金の申請を行った中小企業の経営者A氏。



助成金の申請は初めてだったが、窓口担当者に申請書等を受け取ってもらい、「受領印」をもらえてほっと一安心。

翌日から、提出した申請書通りに休業を実施した。休業期間終了後、改めて支給申請書を記入し、ハローワークに提出したA氏。

しかし数日後、A氏のもとに届いたのは助成金の不支給の決定の知らせだった。

なぜ、一度窓口で「受領印」を押されたものが不受理になってしまったのか。

それは、基本的にはハローワークの窓口は助成金の提出書類の確認を行っている機関であり、実際の申請の可否の判定を行う機関でなく、窓口で「受領印」をもらっても、それは申請書等が無事に審査に回されただけなのです。

実際は各都道府県の労働局の許可が下りなければ支給されないのです。

では、その許可はいつ下りるのかというと、普通は申請した休業等の実施が終了し、支給申請書を提出した後、最悪の場合、支給決定の1年後に返還要請が来る場合もありえます。

中小企業緊急雇用安定助成金・雇用調整助成金申請用データセット
TOP
雇用調整助成金の詳細
雇用調整助成金につて、もっと詳しく聞きたい場合は
最適な社労士の見分け方
社労士に相談する際の用意すべきモノは
雇用調整助成金と社労士の仕事とは
社労士に申請を代行してもらうメリットは
社労士に依頼するといくらの費用が掛かるのか
一度、不受理になってしまったら、再申請は難しいのが現実です
“雇用調整助成金”と“中小企業緊急雇用安定助成金”の違いは
届けに必要な書類/雇用調整助成金…平常時の場合
申請から支給まで基本の流れ
ケース例B
ケース例C
雇用調整助成金の東日本大災害特例
キャリア形成促進助成金の特徴
キャリア形成促進助成金の具体的詳細
トライアル雇用奨励金
受給資格創業支援助成金
中小企業基盤人材確保助成金
地域再生中小企業創業助成金
まだまだあります、中小企業向けの主な雇用・労働関係助成金
3日間速習!助成金入門セミナー2012
美容師・理容師が自分でできる助成金申請完全マニュアル【受給資格者創業支援助成金】編
[中小企業経営者必見!「業務時間50%減・営業利益200%増」を 半年で実現するクラウド活用法]
中小建設業生き残り方法



企業への公的支援「助成金」 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。