企業への公的支援「助成金」 

「社長が知らない」助成金獲得ワザと労使トラブル解決法とは?

助成金は雇用保険の適用事業所の事業主であれば、誰でもが申請する権利があり、要件が整えば基本的に誰でも受給することができます

サイトマップ

成長分野とは|中小企業基盤人材確保助成金

◇日本標準産業分類において…

○大分類A→中分類02−林業



○大分類D−建設業(この内、環境や健康分野に関する建築物等を建築しているもの)

○大分類E−製造業(この内、環境や健康分野に関する製品を製造しているもの、環境や健康分野に関する事業を行う事業所と受注契約締結等、取引関係があるもの)

○大分類F→中分類33−電気業

○大分類G−情報通信業

○大分類H−運輸業・郵便業

○大分類L→中分類71−学術・開発研究機関(このうち、環境や健康分野に関する技術開発を行っているもの)

○大分類N→中分類80→小分類804−スポーツ施設提供業

○大分類O→中分類82→小分類824→細分類8246−スポーツ・健康教授業

○大分類P−医療、福祉

○大分類R中分類88−廃棄物処理業

○上記以外で環境や健康分野に関連する事業を行っているもの

※「環境や健康分野に関するもの」と記述されていますが、特に具体的な指示などはありませんが環境や健康分野に深く関連していることが必要です。

この内、“建築業”“製造業”“学術、開発研究機関”この3分野に関しては、厚生労働省の指針で特に厳しく審査が行われます。

例えば、過去に製造業の場合、食品に関しては特定保健用食品(トクホ)の許可が下りるような商品開発、建築業の場合は、住宅エコポイントが付くようなエコ住宅関連の新事業に進出する事業所に助成金の申請許可が下りているようです。

そのことから考えると、行政刷新の要素を入れるため、成長戦略に貢献する可能性の高い事業主が活用することが望まれている助成金であると捉えることもできると思います。

中小企業緊急雇用安定助成金・雇用調整助成金申請用データセット
TOP
雇用調整助成金の詳細
雇用調整助成金につて、もっと詳しく聞きたい場合は
雇用調整助成金の東日本大災害特例
キャリア形成促進助成金の特徴
キャリア形成促進助成金の具体的詳細
トライアル雇用奨励金
受給資格創業支援助成金
中小企業基盤人材確保助成金
成長分野とは
支給条件の経費の対象
支給条件の経費250万円の対象にならないもの
申請から支給まで
地域再生中小企業創業助成金
まだまだあります、中小企業向けの主な雇用・労働関係助成金
3日間速習!助成金入門セミナー2012
美容師・理容師が自分でできる助成金申請完全マニュアル【受給資格者創業支援助成金】編
[中小企業経営者必見!「業務時間50%減・営業利益200%増」を 半年で実現するクラウド活用法]
中小建設業生き残り方法
ネット定期 金利
































企業への公的支援「助成金」 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。