企業への公的支援「助成金」 

「社長が知らない」助成金獲得ワザと労使トラブル解決法とは?

助成金は雇用保険の適用事業所の事業主であれば、誰でもが申請する権利があり、要件が整えば基本的に誰でも受給することができます

サイトマップ

創業・雇入支援対象労働者とは|地域再生中小企業創業助成金

この助成金の申請上の定義で、「その事業所に6ヵ月以上雇用されていて、今後も継続予定である」「雇入当初、65歳未満」「創業日から1年以内に雇入れられ、縁故採用ではない」「関連会社から雇われていない」「新卒でなく、学校に在学していない」の5項目の全てをクリアした労働者が該当し、この助成金を申請する事業主は創業・雇入対象労働者を少なくても2名以上雇入れていなければ申請することができません。



また、5人以上雇い入れている事業所では助成金申請において、5人未満の事業所に比べ約100万〜200万円多くの支給額に差が出るほど重要視されている労働者であるといえます。

そもそも、この創業・雇入支援対象労働者に該当する人は、該当地域近辺に暮らしていて、今後1年以上の生活基盤を置くと予想される方々であるので、その事業主が今後も長くその地域で、地元の復興のために事業を続けていくという誓約を示す意味合いもあるといえます。

そのため、各労働局としては、その事業所を少しでも援助したいという気持ちが込められているように思えます。

なお、この創業・雇入支援対象者を雇っている事業主は、一般の被保険者を雇い入れる度に、1人当たり第1種では60万円、第2種では30万円が助成金として支給されます(上限100名)。

中小企業緊急雇用安定助成金・雇用調整助成金申請用データセット
TOP
雇用調整助成金の詳細
雇用調整助成金につて、もっと詳しく聞きたい場合は
雇用調整助成金の東日本大災害特例
キャリア形成促進助成金の特徴
キャリア形成促進助成金の具体的詳細
トライアル雇用奨励金
受給資格創業支援助成金
中小企業基盤人材確保助成金
地域再生中小企業創業助成金
第1種、第2種の区分けは
創業・雇入支援対象労働者とは
申請から支給の流れ
なぜ分かりにくいのか助成金の説明会の実情
まだまだあります、中小企業向けの主な雇用・労働関係助成金
3日間速習!助成金入門セミナー2012
美容師・理容師が自分でできる助成金申請完全マニュアル【受給資格者創業支援助成金】編
[中小企業経営者必見!「業務時間50%減・営業利益200%増」を 半年で実現するクラウド活用法]
中小建設業生き残り方法
財形住宅融資 金利









企業への公的支援「助成金」 All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。