PDCAの極意

典型的なマネジメント手法をなぜか実践できない人が多いのです。ここでは、その実践できない理由を解説します。

実行段階の問題は…
このエントリーをはてなブックマークに追加
たとえ綿密な企画を立てたとしても、突発的な事故や計画当初には、思いもよらなかったことが起こるものです。

実行段階の問題は…

「想定外」は突然にやってきます

「想定外」は突然にやってきます

●あり得ないことにも準備はしておきます。

計画ができれば、あとは実行あるのみです。

しかし、ビジネスの世界でも、全てのことが万事うまくいくとは限りません。

外部環境や自社の環境から、自らがコントロールできない要素から突然に影響を受け想定外の影響を受けることもあります。

それは、自然界や経済動向、そして社内からなどあらゆるところに想定外のことが突発的に降り掛かるのは当たり前だということを、頭に入れておくべきです。 (さらに…)

より一歩前進するためには…

より一歩前進するためには…

●ヒトはやってもやらなくても変わらないことは、やらないのです。

PDCAサイクルを正しく回そうと考える会社であれば、規模の大小にかかわらず、それなりに組織として働いているはずです。

大企業では「私一人がいなくても、仕事は動いているんです」といった声を良く聞きます。

組織として完成しているので、たとえ中で働く人が変わったとしても業績にはさほど大きな影響はないということです。

PDCAのP(計画)は、数値目標をいかに効果的に達成へ導いていくか、解決すべき問題をいかに解決まで導くか、といった効果を持っています。 (さらに…)

日々の業務が忙しくて、手が付けられないといこと

日々の業務が忙しくて、手が付けられないといこと

●日々の業務があるのは当たり前のことです。

計画を実行しなくても、売上げが落ちるわけではない、という大前提があることを理解して、起こり得る物事を想定しておくことは重要です。

ここでは、現場の社員が陥りやすい行動について説明します。

どのような企業でも、どんな部門でも、計画がつくられていなくても、常に業務があり社員はそれらの業務に対応しているわけです。

全ての社員は、朝出社してから、その日の仕事が終わるまで、やらなければならないことがあるのです。

当然そのような仕組みができていなければ、企業は組織化が図れないのです。

ですから決して悪いことではないのです。

しかし、このでき上がっている仕組みのため、起きてしまうことがあります。 (さらに…)

緊急度、重要度のマトリクスで、業務を仕分けます

緊急度、重要度のマトリックスで、業務を仕分けます

●日頃の仕事の棚卸しをします。

現場には、日々やらなければならない業務、PDCAサイクルに落とし込んで推進したい業務、突然的に降りかかってくる業務などが常に混じり合っています。

ですから、「あれも、これもやらなければ、ああ忙しい」という気になってしまうのです。

それでも、業績が好調であれば、結果となって出てきている感もあるので報われますが、ひとたび不振に陥ると、とても仕事回らないくらい忙しい割には、業績に全く反映されないといったおかしな状況になってしまいます。

ですから、リーダーは「今、何に注力すべきなのか」の認識を常に持っていなければなりませんし、もちろんその認識をメンバーと共有する必要があります。

ここで、今抱えている業務を整理できるフォーマットを紹介いたします。

それは「緊急・重要マトリクス」です。 (さらに…)

実行を妨げる人間の特性を理解しましょう

実行を妨げる人間の特性を理解しましょう

●プロジェクトマネジメントにみる問題点とは…

PDCAサイクルに取り上げたい業務は、プロジェクトの要素を持っているものが比較的多いと言えます。

ここで、プロジェクトマネジメントについて、考えてみましょう。

プロジェクトマネジメントとは、「商品開発やシステム開発を推進する際に、スケジュールを守りながら完成するまできちっと管理しよう」という考え方です。

開発業務には数多くの人が携わっており、プロジェクトマネジャーは、そのメンバーが実施するそれぞれの業務の進捗状況をコントロールしなければなりません。

商品開発やシステム開発の遅れはそのまま直接コストアップにつながることもあり、徹底したマネジメントが求められます。

ですから、プロジェクトマネジメントでは、プロジェクトマネジャーが抱える問題点から学ぶことができます。 (さらに…)

「5S」の徹底でチームの実行力をアップさせましょう

「5S」の徹底でチームの実行力をアップさせましょう

●当たり前のことこそ効果的なのです。

「整理、整頓、清掃、清潔、躾」のそれぞれの頭文字がSであることから5Sと呼ばれています。

ありきたりの言葉ですが、この当たり前と思うことが、実力を養うのにはうってつけなことなのです。

技術力があるにもかかわらず経営が悪化している企業を買収して企業の人員削減などを行なうことなく、5S活動で会社を立て直した経営者もいます。

強い企業の多くは共通して5Sが徹底されています。

5S活動は、日々の活動です。活動を通じて日々のコミュニケーションが自ら活性化します。

それは、〈整理〉は「要らないモノを捨てること」、〈整頓〉は、「必要なモノがすぐに見つかる状態にあること」、といった定義ですが、この、日々のコミュニケーションの中で「何が必要なモノで、何が不要なモノか」「どのような状態がベストで、どのような状態がダメなのか」といった議論が活発に行われるのです。

結果的に、組織の問題に対する共通認識が築かれていきます。

そして、この5Sは各自の持ち場周辺、あるいは各自のデスク周辺で徹底されてさえいれば良いという話ではなく、工場であれば工場全体、オフィスであればオフィス全体の話になるため、気が付いた人がどんどん実践していかなければならないのです。 (さらに…)

限りある資源は有効に活用しましょう

限りある資源は有効に活用しましょう

マネジメントとは部下を育成することなのです。

企業の大小に問わず、働くヒト、使えるモノ・カネは限られており、その資源配分をどうやりくりするのか決めなければ、組織は動かないのです。

リーダーも考え方は同じで、中でも特に考えなければならないのは、限られたメンバーを効率的かつ効果的に動かすことでチームの成果を最大にすることです。

リーダーのグチで、よく耳にするのが、「人が少なくて仕事がはかどらないから、もう少し増やしてほしいのですが、上司は全然聞いてくれません」というものがあります。

しかし、そのリーダーに「人を増やしたらどれだけ利益を上げられるのかを示すことができれば、増員は難しくないと思うのですが、いかがですか?」とたずねると、押し黙ってしまいます。

このようなチームに限って、リーダーは様々な業務を一人で抱え込んでおり、メンバーは意外と暇そうだと、いう場合も少なくありません。

リーダーは、「メンバーに任せるより自分がやった方が早いし仕事のできが良い」という気持ちも分かりますが、リーダーのやるべき使命は、その限られた資源、特に人で最大の成果を上げることであり、それには部下の育成が不可欠なのです。

すなわち、リーダーのマネジメントとは部下の育成ということになります。 (さらに…)

チームパワーを最大化しましょう

チームパワーを最大化しましょう

●メンバーの精神状態が成果に大きく影響します。

ビジネスにおいて、個人々が成果を上げるには2つの要素が必要になります。

一つはスキルです。

業務を推進していくには、必要なスキルを持っていなければ成果につながりません。

ですから、上司から学んだり、研修を受けたり、本で学んだりしながらスキルを高めていくことが必要です。

そして、2つ目が心です。

これは、やる気やモチベーションといった言葉もありますが、心が良い状態でなければ、せっかくのスキルも発揮できません。

何らかのトラブルが発生して、お客さまから大きなクレームを受け、そのダメージが残っている状態で、他の業務に就いた時に、普段通りのパワーが発揮できるでしょうか。

また、上司から叱責があって、しかもそれがどうにも納得できない心の状態で、普段通りのパワーが発揮できるでしょうか。

そうです、心の状態の良し悪しは、成果に大きな影響を及ぼすのです。

ですから、リーダーは自分自身の心の状態、さらに加えてメンバーの心の状態にも気を配っておくことが大切なのです。 (さらに…)