PDCAの極意

典型的なマネジメント手法をなぜか実践できない人が多いのです。ここでは、その実践できない理由を解説します。

チーム

チームの基礎力のアップで、改善のスピードを上げます

チームの基礎力のアップで、改善のスピードを上げます

●続かない原因はリーダーにあるのです。

「挨拶や5Sが大切なのは十分に分かっているのですが、あまりうるさく言っても面倒だと思われるかもしれない」

「挨拶・5Sよりも、業績に直結することを徹底してもらっていれば、大きな問題はない」

リーダーがそのような考えを持ってしまうと、チームはあっという間に形状記憶で、元に戻ってしまいます。

そうです、続かない理由はメンバーでなくリーダー自身にあることがほとんどなのです。

改善を進めていけるチームにするためには、組織として動くチームの基礎力を高めていかなければなりません。

チームの基礎力とは、「このチームではこのレベルまで当たり前にできる」という力です。

例えば子供の野球では「ボールは胸の前で受ける」という基礎中の基礎を教わりますが、プロ野球の選手はボールの受け方など教わることがありません。

体格はもちろん、持っている野球の技術のレベルが違うわけですから、当たり前のことです。

これは、仕事に関しても同じことが言えます。

挨拶・5Sが徹底できるよう、日々頑張らなければならないチームと、そんなことはごく当たり前のこととして高いレベルで実行できているチームを比較すれば、チーム力の差は歴然としています。

改善を実行する力は、チームの基礎力から生まれるのです。 (さらに…)

チームのメンバーとのコミュニケーションが最も重要な要素の一つです

チームのメンバーとのコミュニケーションが最も重要な要素の一つです

●目的と目標が共有できているチームは強いのです。

組織をけん引するリーダーとして考えなければならないのが各メンバーの目的と目標をどのように共有するのかということです。

ここでは、目標の共有につて考えてみます。

売上・利益・コスト削減・商品開発・生産・採用・教育・顧客満足・システム導入・販売促進・PR・IRなどいろいろです。

会社や組織ごとにその内容の違いはありますが、必ず目標が掲げられています。 (さらに…)

当然のことが、なぜかうまくできていないのです

当然のことが、なぜかうまくできていないのです

チームで成果を出すためにはマネジメントに技術が必須です

職場で、部下を持った瞬間からマネジメントが必要になります。

それは、組織としての成果を上げなければならない立場だからです。

今までは自分の成果を上げることに努力していればよかったのですが、チームとしての組織の成果を上げなければならなくなったのです。

しかし、スポーツ世界ではよく「名選手、必ずしも名監督にあらず」とよく言われます。 (さらに…)