PDCAの極意

典型的なマネジメント手法をなぜか実践できない人が多いのです。ここでは、その実践できない理由を解説します。

5S

「5S」の徹底でチームの実行力をアップさせましょう

「5S」の徹底でチームの実行力をアップさせましょう

●当たり前のことこそ効果的なのです。

「整理、整頓、清掃、清潔、躾」のそれぞれの頭文字がSであることから5Sと呼ばれています。

ありきたりの言葉ですが、この当たり前と思うことが、実力を養うのにはうってつけなことなのです。

技術力があるにもかかわらず経営が悪化している企業を買収して企業の人員削減などを行なうことなく、5S活動で会社を立て直した経営者もいます。

強い企業の多くは共通して5Sが徹底されています。

5S活動は、日々の活動です。活動を通じて日々のコミュニケーションが自ら活性化します。

それは、〈整理〉は「要らないモノを捨てること」、〈整頓〉は、「必要なモノがすぐに見つかる状態にあること」、といった定義ですが、この、日々のコミュニケーションの中で「何が必要なモノで、何が不要なモノか」「どのような状態がベストで、どのような状態がダメなのか」といった議論が活発に行われるのです。

結果的に、組織の問題に対する共通認識が築かれていきます。

そして、この5Sは各自の持ち場周辺、あるいは各自のデスク周辺で徹底されてさえいれば良いという話ではなく、工場であれば工場全体、オフィスであればオフィス全体の話になるため、気が付いた人がどんどん実践していかなければならないのです。 (さらに…)

ものごと、「諦めなければ成功します」。なのに、なぜ続かないのか?

ものごと、「諦めなければ成功します」。なのに、なぜ続かないのか?

成果が見えないことには挑戦しないのです。

経営の神様、松下幸之助氏の言葉に「諦めなければ成功する」というものがあります。

人は、成果が見えないとすぐにあきらめる傾向が見られます。

全く新しいことを行なうことは、今までやっていなかったことやるわけですから、その取り組みが成果を出せるのかどうか全く不透明です。

ビジネスの世界では、何かをする時は、成果が出て当たり前、という傾向があります。

ですから成果が見えないと、すぐあきらめてしまうのです。

例えば、広く知られている「5S」の実践(さらに…)