PDCAの極意

典型的なマネジメント手法をなぜか実践できない人が多いのです。ここでは、その実践できない理由を解説します。

PDCA

改善が実現できるかどうかの分かれ道は「しがらみ」です

改善が実現できるかどうかの分かれ道は「しがらみ」です

●「本当はもっとこうすれば良かったのに……」をなくしましょう。

評価(C)の時点で確認した「進捗状況の良くない部分」を改善(A)していく、つまり悪いところを修正して良くするわけなので、成果が出るのが当然だと思いませんか。

当然、PDCAのサイクルを正しく回転させている人は、成果を出している確率が圧倒的に高いという事実があります。

一方、一見回転させているように見えているのに、なかなか成果に結びつかない状況に陥っている人もいます。

この成果が出る、出ないのかの差が「しがらみ」なのです。

それはどういうことかと、詳しく述べると、ビジネスは様々な人たちと進めていくものです。 (さらに…)