サービス付き高齢者向け住宅で起業

登録までの手続きに始まり、建設からサービス確率までの総合的マネジメントに重点を置き、地域社会の拠点となるための道筋を提示していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

真の意味で成功するサービス付き高齢者向け住宅とは

  • いわゆる団塊世代が全員65歳以上になるのは、2015年です。
  • 高度成長期に「マイホームを持つ」ことを大きな夢の1つとしてきたわけですが、そのマイホームも老朽化したり、身体機能の衰えた高齢者にとっては、様々な部分で『バリア』が生じてきます。
  • また、会社と家を往復するだけの生活が続いた結果、地域社会との繋がりが薄い人も目立ちます。
  • 子どもたちも成長して独立し、身近に頼れる人が少ない――こうした環境は、まだまだ続く後半生において、いつしか大きな不安になってきます。
  • 様々な問題を解決するには、『住み替え』もポイントになります。
  • いくらバリアフリー住宅に越したとしても、近くの商店は軒並み廃業し、向こう三軒両隣が空き家では、かえって孤立感を深めてしまいます。
  • 身近で見守りや相談援助を受けられ、近隣の人々ともコミュニティを築きやすい環境の中で『安心』を得ていく住まいのあり方が問われています。
  • そうした中、高齢者住まい法が改正され、平成23年10月よりサービス付き高齢者向け住宅の登録制度が始まりました。
  • 60歳以上か介護保険の要支援・要介護認定を受けている人を対象に、バリアフリー構造など一定の基準をクリアした上で、最低限『安否確認と相談援助』のサービスを提供するというものです。
  • いくつかのカテゴリーの分かれていた高齢者向け賃貸住宅を一本化する中で、急増する『高齢者の住み替えニーズ』に対応していくのが、新制度の趣旨です。
  • 高齢者住まい法の改正により、高齢者向け住宅には大きな市場が生まれようとしています。
  • ただし、急速な市場拡大は劣悪な事業者の参入にも繋がります。
  • かつて有料老人ホームやグループホームの建設ラッシュにおいて発生した、サービスの質の格差は避けなければなりません。
  • もちろん、行政のチェックは入りますが、課題は地域社会の信頼を得られるかということです。
  • サービス付き高齢者向け住宅の場合、診療所や介護保険事業所を併設しながら、地域に開かれた拠点にすることが重要なビジネスモデルになります。
  • サービスの質が十分でないと、地域社会の協力は得られず、サービス付き高齢者向け住宅の永続的運営は難しくなります。
  • あくまでも主体は、そこで暮らす高齢者のニーズです。
  • 高齢になると状態像の変化が著しくなることを考えれば、きめ細かい対応が欠かせません。
  • ここでは、登録までの手続きに始まり、建設からサービス確率までの総合的マネジメントに重点を置き、地域社会の拠点となるための道筋を提示していきます。
  • 真の意味で成功するサービス付き高齢者向け住宅とは何か?
  • これからサービス付き高齢者向け住宅ビジネスに乗り出す人々の一助となれば幸いです。

新着情報

2013年1月24日
姉妹サイト