サービス付き高齢者向け住宅で起業

登録までの手続きに始まり、建設からサービス確率までの総合的マネジメントに重点を置き、地域社会の拠点となるための道筋を提示していきます。

定期巡回・随時対応型サービスを併設する場合のマネジメント

定期巡回・随時対応型サービスを併設する場合のマネジメント

定期巡回・随時対応型サービスを併設する場合のマネジメント

このエントリーをはてなブックマークに追加

今後サービス付き高齢者向け住宅運営と密接な関係を持ってくるのが、平成24年度介護保険制度改正で誕生した『定期巡回・随時対応型訪問介護看護』です。

このサービスに限っては、サービス付き高齢者向け住宅に併設して入居者に提供しても、減算の対象にはなりません。

国は、これを地域包括ケアの要と位置づけていますが、安定経営を進めていくためには大きなポイントがあります。

そもそも定額報酬なので、ほかの訪問サービス以上に効率性が重視されるわけですが、効率だけに縛られると利用者との間でたちまち軋轢を生んでしまうのも、同サービスの特徴です。

随時訪問ニーズの高い入居者にどう対応するか

このサービスでは、利用者からの通報等による随時対応が組み込まれています。

注意したいのは、全ての通報によって随時訪問を行うのではなく、オペレーターの判断によって電話対応だけでもOKとしている点です。

利用者としては、通報するからには『随時訪問のニーズ』が高まっています。

特にサービス付き高齢者向け住宅の入所者から見れば、「事業所が併設されているのだから、夜間でもすぐ来てくれるはず」という思いが強くなるでしょう。

その際、夜間の訪問要員が限られていて、即訪問とならない場合、それが不満となって蓄積しかねません。

となれば、通報が多くなる時間帯を事前にリサーチしつつ、建物内訪問を専門的に行う人材配置なども考える必要があります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です