サービス付き高齢者向け住宅で起業

登録までの手続きに始まり、建設からサービス確率までの総合的マネジメントに重点を置き、地域社会の拠点となるための道筋を提示していきます。

診療所併設

大きな付加価値を生む診療所併設への戦略

大きな付加価値を生む診療所併設への戦略

一般的な診療所を併設する場合、入居者にとっては「通院しやすい」ことが大きなメリットになります。

診療所が基点になることで、看護師などによる健康管理サービスなどが提供しやすくなり、サービス付き高齢者向け住宅運営にも様々な付加価値を生み出しやすくなります。

その上で今後考えていきたいのは、地域包括ケアの1つとして強化が図られている『在宅療養支援深慮所(在療支)』でしょう。

こちらは24時間の訪問診療・訪問看護ができる体制などが要件となっており、何らかの疾患を抱える入居者にとっては、「夜間を含めた24時間の安心」という、極めて大きな付加価値を得ることができます。 (さらに…)